外壁タイルなどの赤外線調査を行う

平成20年4月1日より建築基準法に基づく定期報告制度が変更になりました。

特殊建築物定期報告調査の際、または10年ごとの定期報告調査の際、外壁タイルなどは「全面打診等」による浮きの調査が必要になりました。

打診をするとなると、足場を組むことやゴンドラの設置、高所作業車からの打診が必要となり、費用がかかります。

しかし、外壁タイルなどを赤外線カメラで撮影し、解析する「赤外線調査(赤外線サーモグラフィー法)」であれば、足場やゴンドラ設置に要するコストが不要となり、調査費用を大きく抑えることが可能です。

赤外線カメラは、赤外線を建物に向けて照射するのではなく、建物の外壁のタイルやモルタルなどから放射されている赤外線(熱エネルギー)を、赤外線カメラが感知して、赤外線画像として処理しています。

また、赤外線調査は、調査員が直接外壁に対面する方法と違い、地上から建物の外壁を撮影する手法であるので、建物内にいる人々のプライバシーを守ることができることが特徴となっています。

Comments are closed.

Copyright © 2020