メール誤送信で困っている企業への情報

現在では、小規模な事業所でもホームページを持っていることが一般的です。

ホームページの内容が充実していることは堅実な企業であるという印象づくりにも役立ちます。

また、メールフォームから気軽に連絡を取れることも、顧客獲得のチャンスでしょう。

しかし、そうして得た個人情報の取り扱いには注意が必要です。

社内規則を作成し共通意識を持ちましょう。

ただし、メール誤送信など意識を持つだけでは防止できないミスが起こることも事実です。

重大な事故が起こる前に対策ソフトを導入しましょう。

もちろん、実績のある会社がお勧めです。

AIRというソリューション事業を行っている会社がこれまでの実績をネット上にアップしているのでチェックしてみてください。

見積もりもお願いできるので参考になります。

Comments are closed.

Copyright © 2020