管理が苦手という現場でトラブル回避に

ネットワーク上の各種ハードウェアにはそれぞれの設定が必要ですが、こうした設定作業は機器を導入するタイミングあるいは新しいネットワークを構築する際にだけ必要なテクニックであり、あまり頻繁に使われるものではありません。

そのため、特に小さなネットワークから始まって徐々に大きくしていったところなどの場合には、一人の担当者が手探りで作り上げていったというところも少なくないでしょう。

こうしたネットワークは堅牢な技術的な合理性に基づいていない場合も多く、多くは経験と勘で作られているので実際にどうして動いているのかわからないといった技術者も少なくありません。

このような状態は、表面上は平穏に見えても、内部には大きな問題を抱えているというのは現場の方は一番よく痛感しているはずです。

そのような不安定極まりない状況を打破するために、コンフィグ管理は必要です

もちろんその必要性はどこでもご存知のはずですが、いざ自分でやろうとなるとバックアップや世代管理などはとても煩雑で面倒な作業です。

コマンドに自信がなければ、こうした作業をすることでかえって障害を発生させてしまうリスクすらあります。

ですからシステムの安定稼働に必須なコンフィグ管理は、信頼できるツールで行うのが一番なのです。

ロジックベインのNet LineDancerは、統合的なコンフィグ管理ツールとして担当者の負荷を大きく減らしてくれる機能が満載されています。

Comments are closed.

Copyright © 2020